プラダンとは

プラスチックダンボール(プラダン)とは、素材がポリピロピレン(PP)で出来ており、紙ダンボールと全く同じ形態構造になります。また、中空構造になっている事で耐久性・耐熱性・耐薬性・遮音性などに優れています。つまり、紙ダンボールでのデメリットを克服したのがプラスチックダンボールとなります。


プラダンの種類


プラダンケースは通常コンテナ型・A式・C式に分類されます。お客様の用途により、適した形状をご提案させていただきます。

プラダンの特徴

Point1 軽量で強い

プラダンは素材がプラスチックで中空構造になっているため、軽さと耐久力を兼ね添えています。耐久性は紙ダンボールの数十倍あり、ヒンジ耐性(折り曲げに対する耐久力)は20万回以上です。軽量で耐久性の強いダンボールとして、現場の作業員の負担軽減につながります。

Point2 経費削減

プラダンは初期費用が紙ダンボールよりも高くなりますが、繰り返し使えるので、経費の削減に大きく役立ちます。例えば、紙ダンボールの10倍の値段のプラダンをご利用の場合、10回以上使用するなら、プラダンのほうがお得ということになります。丁寧に扱えば、何年も使用できる素材なので、費用対効果の高い製品であると言えます。


Point3 環境にやさしい

プラダンの回収されたプラスチックの廃材は粉砕され、燃料として再利用されます。また、新たなプラスチック製部材として再生されることもあり、様々な形で有効活用されます。また、使い捨てで利用される紙ダンボールとは違い、プラダンは繰り返してのご利用が可能です。廃棄物削減の為に様々な業種で導入が進んでいます。

Point4  チリやゴミが出ない

紙ダンボールと違いチリやゴミが出ないので、食品や医療機器にもご利用いただけます。


Point5 耐水性・耐薬品性

ポリプロピレンを原料としているため、耐水性・耐薬品性・耐熱性に優れ、様々な現場や商品に対応することができます。

Point6 梱包がかんたん

簡単に組み立てられるので、一般のダンボールのような面倒な梱包の手間が省けます。


Point7 用途に合わせた加工ができる

サイズやクッションの設置、静電気防止加工

プラダンは加工性に優れています。サイズはもちろんのこと、クッションの設置や静電気防止加工なども可能な為、精密機器や電子部品、半導体などの現場で役立てることができます。

企業のロゴ印刷で広告にも

印刷も可能なので、輸送中の企業広告にも効果的です。


Point8 10色から選べる色

乳半 / 白 / 黄色 / オレンジ / 赤 / 緑 / 水色 / 青 / ベージュ / グレー / 黒

10色の豊富なカラーバリエーションから選ぶことができます。